審美歯科で経済状況や好みに合う矯正器具をチョイス

笑顔

様々な矯正器具

擬人化した歯のイメージ

審美歯科によって歯を治療する際に必要なのが、矯正装置を装着するということです。金属でできたワイヤーなどを装着する金属ブラケットが最も代表的なブラケットです。メリットとして挙げられるのが、耐久性が高いという点です。歯科矯正は審美歯科で長い期間行う必要があるので、丈夫な金属ブラケットは安心して治療を行うことができます。治療費が比較的安価なので、手軽に治療を行うことができます。また、様々な不正咬合に対して効果があり、対応力の高さがメリットです。しかし、金属を使っているため非常に目立ちやすく、治療中の審美性が気になるという方が多い矯正装置です。
審美性に配慮のある審美ブラケットなども登場しています。金属ではない素材で、白や透明の素材を用いているので目立ちにくいです。様々な不正咬合にも対応できるので、審美性と対応力が同居した矯正器具と言えます。

矯正歯科の矯正治療を見られたくないという方は、更に目立ちにくい矯正方法があります。その1つが、裏側矯正です。歯の裏側に矯正器具を装着する為、周囲の人に気づかれることはまずありません。歯の裏側は、表側に比べて虫歯になりにくいという特長があるので、矯正による虫歯が発生しにくいのもメリットです。しかし、裏側に器具を着けることで舌の動きを邪魔することがあります。それによって、発音しにくくなったり滑舌が悪くなったりします。
発音などに支障を来すこと無く、かつ目立たない矯正器具として挙げられるのが、マウスピース矯正です。透明で薄いマウスピースを着用することによって矯正するという方法です。目立たないというのが最大のメリットです。このように、様々な矯正器具があります。京都の審美歯科だけでも扱っている器具は様々なものがあります。審美歯科のレベルが高い京都の中でも、より自分に合う器具を扱っている審美歯科を探しましょう。インターネットなどでも京都の審美歯科がどのような矯正器具を扱っているかを知ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 審美歯科で経済状況や好みに合う矯正器具をチョイス All Rights Reserved.